耐震診断・耐震補強

あなたの家は大丈夫?安心・安全な暮らしのためにまずは耐震診断を!

耐震診断とは

画像耐震診断とは、今の建物の地震に対する安全性、受ける被害の程度を診断することです。
1995年に発生した兵庫県南部地震は、神戸市を中心に阪神・淡路地域に甚大な被害を与えました。6,000人を超える犠牲者のうち、約8割以上が建物の倒壊等による圧死であったとされています。
これらの大規模な震災を通して建築基準法の改正が重ねられ、建物の構造強度に関する基準が大幅に強化されました。それまで施行されていた耐震基準は「旧耐震基準」と呼ばれ、旧耐震基準により建てられた建物(昭和56年5月以前に建てられた建物)は、震災時に倒壊の危険性が高いと言われています。

もしもの時、自分や家族の生命・財産を守れる家かどうか…
まずは耐震診断を受けて現状を知ることから始めてみましょう。

足立区の耐震助成制度

足立区には建物の耐震診断や耐震性を向上させる補強工事等への助成制度があります。
助成の対象となる建物は昭和56年5月以前の旧耐震基準で建築された2階建以下の木造住宅や非木造住宅等で、耐震診断は区に登録している耐震診断士が行う必要があります。耐震診断を受けた結果、「耐震性が不足している」と判定された場合には「建物を補強する」または「解体をする」等の選択肢があります。

■戸建住宅の耐震助成一覧

耐震診断
木造:上限10万円 / 非木造:上限30万円
補強工事
工事費の1/2以下で、木造:上限80万円 / 非木造:上限100万円
※特例世帯に該当する場合は、木造:上限100万円 / 非木造:上限120万円
除却工事
工事費の1/2以下で、木造:上限50万円 / 非木造:上限100万円

戸建住宅の他、共同住宅や特定建築物も耐震助成の対象となります。
また、足立区以外にも耐震助成制度がある自治体があります。

助成金の手続きから工事まで!すべてお任せください

助成金を受けるには、事前に申請をして、認定がおりたら契約をして、工事をして、報告をして…など、少し複雑でわかりにくい部分があります。当社では、助成申請から工事まで一貫して行っていますので、お客様ご自身で行う面倒な手続きはありません。お住まいの耐震の不安や必要な費用等、当社の耐震診断士にご相談ください。


資料:足立区ホームページ「木造住宅・建築物への耐震助成を行っています」「非木造住宅・建築物の耐震化に助成を行っています」