田島建設株式会社

完成までの流れ

*

  • HOME >
  • 完成までの流れ

完成までの流れ

ご相談・お問い合わせ完成までの流れ

image
現地にお伺いして、耐震診断の流れ、区役所等の助成金についての御説明をさせていただきます。(メールやお電話でのご相談も承ります。)

 耐震診断御見積もり提出完成までの流れ

image
現地を訪問後耐震診断の御見積もり提出させていただきます。


ーここまで無料とさせていただいておりますー

各種助成金の申請

image
区役所等の所定の申請手続きをさせていただきます。
  (ただし、昭和56年以降の建物または区役所等の判断により助成金がお受け取りになれない場合がございます。)
  

 現地調査・床下調査等

image
既存の建物について外壁・基礎の状況・筋交いの有無・開口部の大きさ等耐震診断をする上で重要な部分の調査を行います。
  弊社は現地調査も社員が行うため、調査においても責任を持って行います。

コンピューターによる耐震診断

image
現地調査の結果により壁の配置・筋交い等、耐震診断をするにあたり重要なデーターをコンピューターに入力します。
  精密診断による結果、建物の強さを総合的に判断し数値で示します。
  コンピューター画面上に建物を復元し、地震を想定して建物の強度を3Dでご覧になることが出来ます。

補強計画

image
耐震診断の結果に基づき、補強する箇所を入力します。
筋交いを入れて補強する・金物を入れて補強する・壁全体にパネル貼って補強する等バランスと配置を考慮しながら経験を積んだプロが入力します。
補強計画において強度だけでなくバランスが重要となり偏心率を考慮した補強設計をいたします。

補強工事

image
田島建設では国土交通省監修の「木造の耐震診断と補強方法」に基づいて補強をさせていただいております。
  壁の強度を上げるために筋交い補強・構造合板補強・金物等による補強をいたします。
 建物軽量化による補強としまして屋根の葺き替えも耐震補強上有効になります。
  建物の劣化による基礎の補強・土台の入れ替えも重要な工事となります。
また、和室等の補強については天井を壊さずに出来る特殊工法ガーディアン耐震改修工法も扱っております。
  耐震補強工事の助成申請をした場合、役所の検査がありますので必ず田島建設の社員が責任をもって検査立会いをいたします。

耐震装置の設置をおすすめします

image
耐震だけではなくワンランク上の制震工法でさらに安心安全をお届けいたします。
大地震の際に建物の損傷を最小限にするために地震の約50%を吸収する制震装置を中央のみに設置するのではなく限界耐力計算により設置する箇所を決めていきます。
ページ先頭へ戻る